生ごみの処理に悩んでいる人へ。生ごみ処理機をご紹介!

更新:2020年11月27日

料理をすると、必ず出る生ごみ。臭いが気になるし、水分を含んでいるので周りが汚れないか気になったり、虫の発生を恐れたり、ごみ収集日までの扱いに困りますよね。

そこで今回は扱いに困ったり、苦労をしないための秘密兵器、「生ごみ処理機」についてご紹介いたします。

生ごみの状況

環境省の生ごみの分類と発生・処理状況の資料によると下記のようになっています。

排出されるごみの約63%が生活系ごみ、約34%が事業系ごみとなっている。このうち生ごみの占める割合は、生活系ごみで約24%(生活系ごみ全体の約38%)、事業系ごみで約11%(事業系ごみ全体の約31%)となっており、全体では約34%となっている。
なお、ごみの総排出量は、第二次石油危機の昭和54年度以降にやや減少傾向が見られた後、昭和60年度前後から急激に増加し、平成2年度からは横ばいないし微増傾向が続いてきたが、平成13年度からは2年連続でわずかに減少している。(平成14年度における総排出量は 5,161万t)

生ごみの分類と発生・処理状況

生ごみの割合は高いのは、知っていましたが数字で見るとその量に驚きます。 


生ごみの減量方法

ごみ減量のための生ごみ処理機

生ごみの減量について各地方自治体でも呼びかけを行っています。たとえば富士市では、下記の5つの方法を紹介しています。

方法1 食品ロスをなくす

 「食品ロス」とは、「まだ食べられるのに捨てられている食べ物」のことです。

方法2 調理方法を工夫する

 生ごみを水に濡らさないことは簡単で効果的な減量方法です。

方法3 水切り

 水を切るだけでごみの減量につながる他、悪臭などの予防にもなります。

方法4 乾燥

 生ごみを乾燥させることで、中に含まれる水分量を大幅に減らすことができます。

方法5 生ごみの自家処理

 生ごみを、各家庭で堆肥にして使用したり、乾燥させて重量を減らしたりする方法です。

生ごみ減量方法いろいろ

水分をいかに減らすかがポイントとなりますね。この中から今回は、生ごみの自家処理「生ごみ処理機」について詳しく見ていきます。

 

生ごみ処理機の種類

生ごみ処理機(コンポスト)

「生ごみ処理機」とは、生ごみの減量化に向け、メーカーが家庭用に開発したもの。コンパクトでキッチンに置いても目立たないものや、屋外に置いて堆肥を生成できるものまで、形状や処理方法が様々なタイプが販売されています。今回は処理方法を紹介します。

■乾燥式
生ごみに熱や風を加えることで、生ごみの水分を蒸発させ、カラカラに乾燥させるのが、乾燥式。量販店などで売られている生ごみ処理機の多くが、乾燥式といわれています。
【メリット】
キッチンの隅や収納棚に置けるコンパクトなサイズのものが多く、場所をとらないのが特長です。またデザイン性が高いものもあり、キッチンをおしゃれに保ちたい人にもおすすめ。比較的安価に購入できるので、初めて買う人にはピッタリです。
【デメリット】
電気を使用するので、ランニングコストがかかります。処理するときに発生する音が気になることも。また、処理後に本体の洗浄が必要な機種もあるので、どの程度のコストや手間がかかるのかを、調べたうえで購入するようにしましょう。

■バイオ式
バイオチップなどの基材になる材料と生ゴミを混ぜ、微生物の働きで分解させる方式です。微生物が生ゴミを水と炭酸ガスに分解し、容量をおよそ1/10以下に減らします。
【メリット】
有機肥料が作れるのが特長。一カ月ほどで堆肥ができ、液体肥料が抽出できるものもあるため、家庭菜園や庭いじりが好きな人にはぴったり。また電気を使わないタイプが多く、電気代がほとんどかからない。さらに音がほとんどしないのもメリットといえるでしょう。
【デメリット】
バイオ式は生ゴミ以外にも基材を投入する必要があるので、サイズが大きいものがほとんど。主に屋外に置くのが一般的で、キッチンに置きたい人には不向きといえます。基材を定期的に入れ替える必要があるので、やや手間がかかるでしょう。

皆さんはどちらがお好みでしょうか。自分の生活に合う処理方法で「生ごみ処理機」を選びましょう。

 

生ごみ処理機「乾燥式」

「乾燥式」生ごみ処理機で、おすすめの商品を3つ紹介します。

【パナソニック】家庭用生ごみ処理機 温風乾燥式 MS-N53
こちらのパナソニック製品は臭わず、ゴミの量が減り、しかも楽!との声が多く人気です。

【島産業】パリパリキューブ ライト PCL-31-BWR
電気ポット並みにコンパクトで、低価格!初めての生ゴミ処理機、少人数世帯におすすめです。

バイオクリーン】バイオクリーン BS-02
補充材不要!バイオ式なのに「ごみを入れるだけ」で、24時間後には肥料が完成します。簡単で見た目もおしゃれ!

乾燥式の生ごみ処理機は、概ね1万~3万円くらいのようです。

 

生ごみ処理機「バイオ式」

「バイオ式」生ごみ処理機で、おすすめの商品を3つ紹介します。

【リブウェル】キッチンコンポスト
マットなカラーでおしゃれなコンポストです。使い方もとっても簡単。生ゴミをEM菌を入れて混ぜるだけ。

【アイリスオーヤマ】エココンポスト
庭置き専用のコンポスト。大きいものだと160Lまで生ごみを入れられるモデルもあります。

【グリーンパル】生ごみ処理 EMエコペール 18L
18Lと大容量なのに低価格で人気の商品。雑草や落ち葉なども入れられるので、庭掃除の際も便利。

バイオ式の生ごみ処理機は、概ね1万円以下のようです。

 

生ごみ処理機の助成金

生ごみ処理機の助成金

自治体によっては、生ごみ処理機を購入する際の助成金制度があるようです。府中市の場合を見てみましょう。

■補助対象機器
1.機械的に厨芥類の容量を減少させ、又は堆肥化させる生ごみ処理機
2.土中の微生物を利用して厨芥類を堆肥化させる生ごみ堆肥化容器

■補助対象者
市民又は府中市内に事業所を有する方で、ごみ減量化処理機器を購入し、市内の住居又は事業所に設置する方

■補助金額
購入金額の2分の1で、5万円を限度に補助

ごみ減量化処理機器の購入費補助

購入を検討するならば、一度お住みの自治体について調べてみましょう。

 

生ごみの処理に悩んでいる人へ。生ごみ処理機をご紹介!まとめ

生ごみを減らすことは、ごみの重量を減らすことができ、さらにごみの燃焼効率にもつながるそうです。様々な生ごみの減量方法があります。その中で「生ごみ処理機」は、いかがでしょうか。

「生ごみを減らす」そのために、自分に適した方法を試してみてください。